高野山足湯隊|仏教と災害支援

高野山足湯隊

「汚い足を洗わせて悪いなあ。でも、足を丁寧に洗ってもらうと、なんだかパーッと窓が開くような、戸口に立つような思いがするんだ。俺はまだまだ何かできそうだ——」

今から10年ほど前に発生した能登半島地震では、多くの家屋が倒壊し、電気やガスなどのライフラインも寸断。公民館や集会所に身を寄せた人も、その多くは高齢者でした。

能登半島地震や東日本大震災で高野山足湯隊を組織して、被災地でのボランティアに汗を流した記録です。

高野山足湯隊

詳細は、下記の写真をクリックしてくださいね!