摩利支天山秋季大祭(平成29年)

摩利支天山 秋季大祭

平成29年10月16日(月)午後2時

大般若経六百巻転読法会

大般若と護摩によるたいへんパワフルな法会です。どうぞおまいりください。
当日、おまいりされると、摩利支天さまの大きな功徳を得られます。法話もあります。

勝運上昇・心願成就・隠形加護

金沢 摩利支天 宝泉寺

お問い合わせは、宝泉寺まで

〒920−0836
 石川県金沢市子来町57
 076−252−3319
 宝泉寺
 通称(五本松)
お知らせ〈これからの行事予定〉
オンマリシエイソワカ
オンマリシエイソワカ

趣膳食彩(宝泉寺)

趣膳食彩2017宝泉寺
趣膳食彩
趣膳食彩

料理人と工芸作家のプレミアムな饗宴

趣 膳 食 彩

料理人と工芸作家。「つくる」を生業とする人が、真摯に向き合い語り合い、思いを宴に昇華する。その日、その場にいるすべての人が食と工芸の素晴らしさを感じられる、五感で味わうプレミアムな世界。

10月14日(土)午前9時から宝 泉 寺

「梅田日記」とともに幕末の金澤をめぐる

金沢の町は幽玄であふれている。過去に金沢に生きた人、そして私たち。その間にこそ本質があるのではないか。絶対矛盾的自己同一を唱えた西田幾多郎がこの金沢で学んだのも偶然ではないだろう。「梅田日記」は天保4年(1833年)梅田尽三久が金沢で普段の生活記した貴重な幕末の日記。日記の意味を知り、登場する現在の場所を巡り、金沢の本質に迫る。町歩きの最後には日記に登場する場所で寿司を味わう。宝仙寺が建つ卯辰山の土を材料に作った酒器が、宴に花を添える。

趣膳食彩のご予約はこちらから
お問い合わせ:金沢21世紀工芸祭実行委員会 
TEL:076−223−3580 (平日9:00〜18:00)
http://21c-kogei.jp/
お知らせ〈これからの行事予定〉
オンマリシエイソワカ
オンマリシエイソワカ

護摩木を洗う、乾かす

護摩木を洗う(9月16日)

残りの護摩木を洗いました。おかげさまで、アッという間に乾いて、護摩木小屋に収納できました。

 

護摩木の洗浄と乾燥
護摩木の洗浄と乾燥 金沢宝泉寺

護摩木を乾かす(9月16日)

「なにも考えず、無心になりますね」

護摩木を流水で洗った後、護摩木を井桁に組んで乾かします。その作業を手伝ってくださった人の言葉です。

洗い清めた護摩木を一本一本ていねいに積むだけで、心が落ち着いてきます。

自心の源底をみつめる護摩修行は、ここから始まっています。

お問い合わせは、宝泉寺まで。

金沢摩利支天 宝泉寺
〒920−0836 金沢市子来町57
076−252−3319
宝泉寺 通称(五本松)
オンマリシエイソワカ
オンマリシエイソワカ