知る人ぞ知る金沢の絶景

知る人ぞ知る金沢の絶景

私だけのフォトスポットを見つけたい

宝泉寺から
東茶屋街を
見おろせば
いらかの波が
漆黒に光る

地元っ子にこっそり教わったのは
宝泉寺境内からの眺めでした

町ナカを歩くことが多い金沢旅。ときには、ゆっくり景色を楽しむ時間を持ちませんか? たとえば、、卯辰山(うたつやま)のふもとに立つ宝泉寺からの眺め。今や金沢随一の観光名所としてにぎわう「ひがし茶屋街」も、ここから見おろせばしっとりした雰囲気。昔ながらの黒い瓦屋根が続き、加賀藩が築いた格式高い茶屋街の姿を今に伝えます。天気がよければ落陽の景色も見事。泉鏡花や芥川龍之介ら文豪も愛した絶景です。

宝泉寺 加賀藩主・前田利家の守護神「摩利支天(まりしてん)」を本尊とする高野山真言宗の寺。境内にはご神木の五本松(ごほんまつ)があり、”卯辰山の五本松”ぼ名で親しまれている。卯辰山山麓の子来坂(こらいざか)を200mほど登った先にある。金沢市子来町57 ☎076・252・3319

(小学館『和楽』2・3月号,2017年)

金沢宝泉寺から見る百万石の城下町
金沢宝泉寺から見る百万石の城下町
オンマリシエイソワカ
オンマリシエイソワカ

>>次のページは、金沢一の絶景どこ

関連するページ

臥せる竜の山 臥せる竜の山 街を歩くと もう一つの別名卯辰は臥(ふ)せる竜の山別名「臥竜山」と呼ばれる卯辰山。稜線は竜が伏せているように見える?=北國新聞会館21階から島根県の女子大生が遺体で見つかった事件の現場は広島県北部の臥竜山(がりゅうざん、標高1223メートル)。難航する捜査が伝えられ...
子来坂 子来坂東郭から子来町を通って卯辰山へ登る。中腹宝泉坊の境内に五本松が亭々と聳えていた。鏡花は「五本松の枝のはずれに、城の町は、川も橋も城も森も天守の櫓も、処々に薄霞した一枚の絵双六である」と其の風景を叙している。城を望む絶佳の眺望は桜坂からのそれと双璧をなす。 (森八、1982年カレンダー...
御神木「五本松」 御神木「五本松」金沢 宝泉寺の御神木「五本松」金沢市の市街地の東に、卯辰山というおだやかな姿をした山があります。その山麓から子来坂を、約200メートル登った右側に、摩利支天山宝泉寺(高野山真言宗)があります。ここは、金沢市街を一望できる景勝地で、境内に、ご神木「五本松」...