毎月1日午前11時から護摩と法話があります。

摩利支天と富田流剣法

摩利支天と富田流剣法

剣術の三大源流の一つに数えられる中条流は、足利義満に仕えた三河の中条長秀を鼻祖としますが、その奥義はのちの越前の富田(とだ)家に伝えられ、「富田流」とも呼ばれ大いに隆盛しました。

富田(中条)流剣法

富田龍略系

富田龍略系

そもそも中条(富田)流は、中条兵庫頭長秀(ちゅうじょうひょうごのかみながひで)が念流を開いた慈恩(じおん)に兵法を学び、一流を興したと伝えられています。

往昔、日向の国鵜戸岩窟で、慈恩が摩利支天尊をまつり、兵法と武芸の修行に修練されていたところ昼夜の区別なく常に鬼神が出現。修練の援助を得て、漸く兵法と武芸の奥義を極められたとされています。

その後に慈恩の高名を慕って、鵜戸岩屋を訪ねる修行者は非常にたくさんありました。そのうち秘術を伝授された者は、信仰深く、道義正しい数名であっ たようです。その中でも、中条兵庫頭長秀(ちゅうじょうひょうごのかみながひで)のみ、秘術を免許皆伝せられ、そのあかしに摩利支天尊の霊像をも受け継 いだのです。

長秀は摩利支天尊を信仰し、心身の錬磨にいっそう精を出したので、名声はいよいよ高くなり国中に響き渡り、このことが将軍足利義満公の知るところとなりました。

長秀に命じて摩利支天霊像を開扉なされたところ、義満公はその霊威に打たれたそうです。そして義満公が摩利支天霊像の譲渡を乞われるも、長秀はそれを拝辞。摩利支天に対して、一段の尊敬の念を深めたということです。

それからというもの、中条流は、兵庫頭から甲斐豊前守(かいぶぜんのかみ)伝えられ、さらに大橋勘解由左衛門(おおはしかげゆざえもん)から富田九部右衛門長家へと正式に伝授されていきました。

剣法「富田流」の伝授にともない、その正流のあかしとして、摩利支天尊霊像が代々受け継がれてきたのです。

 加賀藩と富田流剣法

富田流剣法の元祖として名声を響かせた名人・富田九部右衛門長家は、1573年(天正3)、富田治部左衛門景政の後を継ぎ、越前府中で前田利家公に仕えた剣の達人でした。

長家は中条流免許皆伝のあかしとして受け継いだ摩利支天を尊崇しておりましたから、利家公もまた崇拝せられ、1583年(天正11)、金沢城入城のおり城内越後屋敷に摩利支天堂を創建。摩利支天の秘仏霊像が奉安されました。

その後、秘仏霊像は末森の戦など戦のたび、兜の中におさめられ出陣。大いなる加護を垂れたまうたということです。

1599年(慶長4)、利家公が薨じたまい、1601年(慶長6)二代利長公のとき、金沢城の鬼門に当たる当地一万坪を寄進。ここに摩利支天霊像を移築奉安せられ、金沢城に対面するこの山は「摩利支天山」と命名。別当宝泉坊が勤仕することになりました。

次いで1606年(慶長11)、三代利常公は、富田重政に命じて、当山に堂宇を新築造立させます。 富田重政は「名人越後」と呼ばれ、剣聖と仰がれました。その子重康もまた家芸を継ぎ、晩年は中風症を病み身体の自由を失いましたが、それでも「中風越後」と称され、畏敬された名人でした。知行一万三千六百石。1625(寛永2)4月19日、62才で亡くなっています。

富田越後守重康公の摩利支天

富田越後守重康公の摩利支天

ちなみに左の画像(部分)には「富田越後守重康」という落款が…

富田流剣法に関わるさまざまな摩利支天尊の画像が当山に伝来します。 前田家に仕え、藩公を守護してきたのが富田流剣法の達人たちです。

秘仏霊像を別当宝泉坊が勤仕してより400年。以来、この由緒正しき摩利支天尊は、巨益の霊験を垂れたまい、武術修練の剣士は遠く全国から集まって、仏前にさまざまな武芸が奉納されて、今日にいたっています。

武門には兵法武術を商家には商法を授け、学問・芸能・スポーツ・選挙など、みなその道に進んで家運を開き、よく心願を成就して心身堅固の霊験を顕現せられます。

現在は、「選挙の必勝祈願の寺」として知られています。

まりちゃん

剣聖「名人越後」富田重政公が描いたとされる摩利支天像は、本堂脇部屋に奉安されています。運が良ければ、拝観できるかもしれません。

こちらもオススメ

オンマリシエイソワカ