松尾芭蕉と柳隠軒句空

1689年(元禄2)金沢へ来た芭蕉が立ち寄り、鶴屋句空の草庵「柳陰軒」をしのんで句を残したと伝えられています。

句空は俳人、加賀芭門の逸材。京都で仏門に入り、句空坊または句空法師といいました。後、宝泉寺境内に草庵をつくり柳陰軒(りゅういんけん)と名付けています。句空の柳陰軒跡を記念して、宝泉寺に芭蕉の句碑が建てられています。

境内に入ってすぐ左に「柳陰軒址碑」と刻んだ自然石に「ちる柳あるじも我も鐘を聞く 」の句が刻まれています。

松尾芭蕉と柳隠軒句空

詳細は、下記の写真をクリックしてくださいね!