毎月1日午前11時から護摩と法話があります。

護摩木の製作〈5月3日・4日・5日〉

護摩木 金沢宝泉寺

護摩木の製作 金沢宝泉寺

護摩木の製作

いよいよ、平成29年度の護摩木づくりが始まりました。作業小屋の環境が整ってきたので、作業効率が上がりました。安全第一。

ついでに日立製丸ノコ一台新調。軽快な切れ味です。

つくった護摩木に墨を付ける〈5月5日〉

護摩木の根元をみきわめて、しっかり墨をつけ、収納ケースにおさめます。

この後、護摩木を1本ずつ水で洗って、天日干し。再びケースに収納する作業が続きます。

護摩木に墨を付ける

護摩木に墨を付ける

墨つけが終わり次第、護摩木小屋にどんどん収納していきます。

当山の護摩木は、こうした心ある方々の数々の浄行によってつくりだされます。

まりちゃん

護摩法を修法するときだけが「護摩」ではありません。護摩木をつくるところから「護摩」が始まっています。これは、真言行者と檀信徒が20年以上にわたって築き上げた「護摩文化」です。

 護摩木の洗浄と天日干し〈5月7日〉

護摩木を洗って天日干し

護摩木を洗って天日干し

よく晴れた日、護摩木を洗って、天日干しをします。ざっと並べて4000本。まだまだ足りません。この作業を何度も繰り返します。

とはいえ、これは「段木(だんもく)」をつくる作業。段木だけでは護摩の修法ができません。このあと「二十一支」と「百八支」です。順次、つくってゆきます。

 みんなで昼食〈5月7日〉

みんなで昼飯 宝泉寺

みんなで昼食。魚介カレーとサラダ。そして、差し入れの巻きずし、おはぎ。ごちそうさま!

ツツジ 金沢宝泉寺

MEMO
護摩修行に欠かせない護摩木づくりを定期的に行っています。
お手伝いくださるお方は、下記までお問い合わせください。

〒920-0836 金沢市子来町57
電話:076-252-3319
宝 泉 寺 〈通称「五本松」〉

護摩祈祷 宝泉寺

オンマリシエイソワカ