摩利支天のお正月〈年末年始のご案内〉

知る人ぞ知る金沢の絶景「宝泉寺」

知り人ぞ知る金沢の絶景

私だけのフォトスポットを見つけたい

宝泉寺から
東茶屋街を
見おろせば
いらかの波が
漆黒に光る

地元っ子にこっそり教わったのは
宝泉寺境内からの眺めでした

町ナカを歩くことが多い金沢旅。ときには、ゆっくり景色を楽しむ時間を持ちませんか? たとえば‥ 卯辰山(うたつやま)のふもとにたつ宝泉寺からの眺め。今や金沢随一の観光名所としてにぎわう「ひがし茶屋街」も、ここから見おろせばしっとりした雰囲気。昔ながらの黒い瓦屋根が続き、加賀藩が築いた格式高い茶屋街の姿を今に伝えます。天気がよければ落陽の景色も見事。泉鏡花や芥川龍之介ら文豪も愛した絶景です。

宝泉寺 加賀藩主・前田利家の守護神「摩利支天(まりしてん)」を本尊とする高野山真言宗の寺。境内にはご神木の五本松(ごほんまつ)があり、”卯辰山の五本松”ぼ名で親しまれている。卯辰山山麓の子来坂(こらいざか)を200mほど登った先にある。

金沢市子来町57

076-252-3319

(小学館『和楽』2・3月号 2017年)

境内から眺める百万石の城下町

境内から眺める百万石の城下町

まりちゃん

宝泉寺の境内から金沢の市街が一望できますよ!
参考 最も金沢らしい街並み金沢ロケ地散策マップ オンマリシエイソワカ