〈毎月1日〉護摩と法話 あるよ!

マンガ備忘録|おかざき真里 『阿・吽』 11巻

おかざき真里著『阿・吽』11 小学館 監修・協力 阿吽社

〈最新刊〉おかざき真里著『阿・吽』(11巻)届きました!

最澄と空海。言葉を超えた二人の関係性が見事なタッチで描かれています。すばらしい!

備忘録|おかざき真里 著『阿・吽』11巻

〈11巻〉 強烈に惹かれ合う、最澄と空海…  密教の灌頂式を受けるため空海の元を訪れた最澄は言う「自分を弟子にしてほしい」と… 一方、坂上田村麻呂の死の裏には藤原冬嗣の影がちらつく… 理想と現実の狭間で巨人達がぶつかり合う

60話 四賢臣(しけんしん)

藤原冬嗣(ふじわらのふゆつぐ)邸に「四賢臣」と呼ばれる良岑安世(よしみねのやすよ)・藤原三守(ふじわらのみんもり)・伴国道(とものくにみち)・藤原冬嗣が集い、国の将来を語り合った。

夜、坂上田村麻呂の亡霊が現れ、冬嗣と言葉を交わす。

61話 弟子

かつて最澄が乙訓寺の空海を訪ねたとき、生来の性格上、丁寧な態度で接し、腰を低くして教えを乞うた。6年前に奈良の諸大寺の長老を集めて灌頂を施した同じ僧とは思えない最澄の態度に驚く空海。

そして最澄が言った「私に灌頂を施してもらえないか」と。かつて自分が導師をつとめた灌頂の儀式を、今度は自分が受けたいというのである。最澄の態度に感動した空海は了承し、最澄に灌頂の儀式を高雄山寺で開くことを約束する。そして別れ際にこんな言葉を最澄に言った。

「私は今年で40歳になり、寿命もそろそろ尽きようとしています」

最澄は驚いた。年下である空海が死ぬかもしれないというのである。

「どこにも行きたくないのです」といい、「だから私が学んだ密教のすべてをあなたに譲りましょう」と。

最澄は驚くとともに、歓喜したに違いない。

最澄にすべてを授けようとする空海。それを受け尽くそうとする最澄。

同じ無限をもうひとつつくる!

(ところが実際には、最澄は50代半ばで早死にし、空海は最澄より10年も長く生きるのである)

空海から灌頂を許可されることになった最澄は大喜びで、さっそく灌頂の準備にかかった。灌頂に必要な法具や食料等はすべて受者が用意する原則である。以前に最澄が奈良の僧侶たちに灌頂したときには、国費を使うよう桓武天皇の計らいがあった。しかしすでに、桓武天皇は崩御されており、このたび最澄は自費で整えなければならなかった。

62話 金剛界結縁灌頂(こんごうかいけちえんかんじょう)

弘仁三年(812)11月15日、高雄山寺にて金剛界結縁灌頂。空海は、灌頂の費用を援助した和気真綱(わけのまつな)ら三人とともに、最澄に金剛界の灌頂を行った。

最澄の投花は、マンダラの金剛因菩薩の上に落ちた。

63話 降雪

同じ道を行くかに見えた空海と最澄。

自分が死ぬまでに、天台の僧侶最澄に密教のすべてを伝えようと思っていた空海。かたや早く密教を修得して、比叡山に帰って、天台立宗という仕事を全うしようとする最澄。

最澄が振り向いたとき、そこには空海の姿がなかった…

おかざき真里著『阿・吽』11 小学館 監修・協力 阿吽社

64話 胎蔵界結縁灌頂(たいぞうかいけちえんかんじょう)

弘仁三年(812)12月14日、高雄山寺にて胎蔵界結縁灌頂。現存している受者名簿(『灌頂暦名』)を見ると百人を超す受者の中には、子供が45人も… 最澄は驚いた。

この胎蔵界結縁灌頂では、最澄の投花は宝幢如来の上に落ちた。


* 次号が発刊されたら、このあとを書き足していこうと思っています。

2020年3月12日発行
『阿・吽』第11巻  お求めはこちらから!
created by Rinker
小学館
¥713 (2020/09/19 00:11:12時点 Amazon調べ-詳細)

こちらもオススメ

マンガ備忘録|おかざき真里 『阿・吽』 1巻〜8巻 おかざき真里著『阿・吽』9 小学館 監修・協力 阿吽社 マンガ備忘録|おかざき真里 『阿・吽』 9巻 おかざき真里著『阿・吽』10 小学館 監修・協力 阿吽社 マンガ備忘録|おかざき真里 『阿・吽』 10巻

 

オンマリシエイソワカ