御神木「五本松」

御神木「五本松」

金沢 宝泉寺の御神木「五本松」
金沢 宝泉寺の御神木「五本松」

金沢市の市街地の東に、卯辰山というおだやかな姿をした山があります。その山麓から子来坂を、約200メートル登った右側に、摩利支天山宝泉寺(高野山真言宗)があります。

ここは、金沢市街を一望できる景勝地で、境内に、ご神木「五本松」があります。

。五本松は、1本の木の根本から幹が5本出てい て、緑を繁らせ、さながら5本の松であるかのように見えたので、市民から「卯辰山の五本松」と敬称されています。

と、同時に、五本松に対して恐怖の念をいだくものも少なくありません。松には天狗が住みつき、魔神の住処であると、いまなお言い伝えられています。

卯辰山の五本松

卯辰山の西端子来町、真言宗宝泉坊(宝泉寺)の地内にあり、圍三丈ばかり、大幹五條に分れ、直立千尺空に聳え、その幾百年を経るをつまびらかにせずといへども、勁節龍髯老いて蒼蒼たり。希有の松樹なり。
且つ松の辺りに常夜灯を點じ、近海船舶往来の目標とす。
元禄の頃、俳人柳隠軒句空、此の地に庵を結びて閑居す。

芭蕉翁、北陸行脚の節句空を訪ひて一首。

「散る柳あるじも我も鐘をきく」を吟ぜり。

(『金城勝覧図誌』坤「五本松」より)

【意訳】

「卯辰山(うたつやま)の西端(金沢市子来町、宝泉寺地内)に、胴回り3丈(9.09メートル)ばかりの大きな幹が五又に分かれ、まっすぐ立って1,000尺(303メートル)空にそびえ、その樹齢は幾百年たっているのか見当もつきません。

その様子は恐ろしく強い龍のヒゲのようです。 老いても青々と茂っているまことにめずらしい松の樹であります。
夜になると、「五本松」のかたわらに常夜灯をともして、日本海をゆく船舶往来の灯台の役目を果たしています。

江戸は元禄の頃、俳人の句空(くくう)がこの地に庵(柳隠軒=りゅういんけん)を結んで、静かな住まいをしていたところ、松尾芭蕉が北陸行脚のみぎり、此処に住まいする句空を訪ね、 ここで次の一首。

「散る柳あるじも我も鐘をきく」

魔神の住処「五本松」

金沢卯辰山にそびえる魔神の棲家「五本松」
金沢卯辰山にそびえる魔神の棲家「五本松」

卯辰山は、金沢城の向かいにあるので「向山(むかいうやま)」といわれ、また龍が伏しているような山並みから「臥龍山(がりゅうざん)」と称されています。

山脈を龍とすると、東方の戸室山から降りてきた龍がここから城の鬼門をにらみつけ、悪を退けるという格好になるわけです。崖っぷちから天にそびえる「五本松」の勇姿は、まさに龍神そのもの。

ここに、加賀藩主前田利家公の守本尊マリシテンをまつり、城下を一望におさめ、天下の泰平を祈ることは、まさしく地の利にかなったものであるのです。

百万石金沢の鬼門封じの「魔神のすみか」として恐れられ、「ここ一番という時には、絶大な力が授かる」必勝祈願の霊場として、今日に至るまで特別に尊崇される理由はここにあるのです。

いまなお、宝泉寺境内には、ご神木「五本松」が大切に守り育てられています。

オンマリシエイソワカ
オンマリシエイソワカ

>>次のページは、泉鏡花と五本松

関連するページ

金沢の「鬼門」を守る 金沢の「鬼門」を守る 探訪 梅鉢寺院群 宝泉寺(金沢市)《 目 次 》金沢の「鬼門」を守る 地下にトンネル? 被災地を支援金沢の「鬼門」を守る 金沢市子来(こらい)町、高野山真言宗宝泉寺(ほうせんじ)は、城下町金沢の「鬼門(きもん)」を守り続け...
鏡花も描いた天狗すむ場所、五本松 鏡花も描いた天狗すむ場所、五本松 浅野川大橋から卯辰山を見上げると、五色の吹流しを風になびかせている高台が見える。卯辰山西端に建つ摩利支天を祀る宝泉寺である。設立は慶長六年頃までさかのぼる真言宗の寺で、諸芸の神としていまも参詣者が絶えない。浅野川低地を隔てて小立野、兼六園、金沢城址に対峙してい...
金沢一の絶景どこ 金沢一の絶景どこ  金沢一の絶景どこ1924(大正13)年5月、室生犀星の招きで金沢を訪れた芥川龍之介の心をとらえたのは、卯辰山のふもと宝泉寺からの眺望 だった。《 目 次 》きょう景観の日 「知る人ぞ知る」を探して 黒瓦がキラキラ ...