臥せる竜の山

臥せる竜の山

街を歩くと

もう一つの別名

卯辰は臥(ふ)せる竜の山

別名「臥竜山」と呼ばれる卯辰山。稜線は竜が伏せているように見える?=北國新聞会館21階から島根県の女子大生が遺体で見つかった事件の現場は広島県北部の臥竜山(がりゅうざん、標高1223メートル)。難航する捜査が伝えられる事件の現場はどんなところなんだろうと同僚の記者と話していると、「金沢にもあるげんぞ」とデスクが一言。まさか事件、と思いきや、それは山の名前だった。いったい、どの山?

市内の山と言えば、卯辰山、医王山、野田山、戸室山、キゴ山が思い浮かぶ。どの山へ足を運んでも手がかりは見つからない。デスクに降参するのもしゃくだ。ある人に聞こう。金沢検定上級合格者で金沢観光ボランティアガイド「まいどさん」として活躍する谷村憲夫さんは「卯辰山のことやね」とあっさり。卯辰山には「臥竜山」の別名があるのだ。「字の通り『竜』が『臥(ふ)せる』。卯辰山の稜線(りょうせん)がそんあ風に見えるから、そんあ名前が付いたんでしょう。一説では戦国大名上杉謙信の軍勢が名付けたとも言われとるね」と谷村さんは教えてくれた。同じ呼び名の山は全国にあるそうで、試しに国土地理院のホームページで検索すると、遺棄事件の現場となった山が「臥竜山」として載っているほか、秋田、長野、岡山に「臥竜山」が見られた。「臥竜」の付くものは、臥龍大橋(山形)臥龍のサクラ(岐阜)臥龍岩(群馬)などがあった。玉川図書館近世資料館によると、卯辰山は金沢城に向かい合っていることから「向山(むかいやま)」「夢香山(むこうやま)」、あるいは「茶臼山」などの別名があるという。馬場小の校歌の一節にも「臥竜山」は歌われているあらためて標高141メートルの卯辰山を望むと、尾根は滑らかな曲線で竜が横たわっているように見えてくる。ちなみに広辞苑で「臥竜(がりゅう)」を繰ると、「野に隠れて世に知られぬ大人物」とある。金沢人なら誰もが知っている卯辰山=臥竜山が、いつまでも心が安らぐ山でありますように。(大田こころ)

(北國新聞 2009,12,22)

臥竜山(ガリュウザン)

オンマリシエイソワカ
オンマリシエイソワカ

>>次のページは、御神木「五本松」

関連するページ

北陸 近代文学の里を行く 北陸 近代文学の里を行く 文  秋山 稔 (金沢学院大学文学部教授)  御神木 五本松(金沢宝泉寺)明治から昭和初期にかけて、北陸は特色ある作家を数多く輩出し、また、この地を舞台とした。作品も相次ぎ世に出された。近代文学の里と呼ぶにふさわしい北陸に点在する、作...
御神木「五本松」 御神木「五本松」金沢 宝泉寺の御神木「五本松」金沢市の市街地の東に、卯辰山というおだやかな姿をした山があります。その山麓から子来坂を、約200メートル登った右側に、摩利支天山宝泉寺(高野山真言宗)があります。ここは、金沢市街を一望できる景勝地で、境内に、ご神木「五本松」...
金沢一の絶景どこ 金沢一の絶景どこ  金沢一の絶景どこ1924(大正13)年5月、室生犀星の招きで金沢を訪れた芥川龍之介の心をとらえたのは、卯辰山のふもと宝泉寺からの眺望 だった。《 目 次 》きょう景観の日 「知る人ぞ知る」を探して 黒瓦がキラキラ ...