金沢一の絶景どこ

金沢一の絶景どこ

 

金沢一の絶景どこ
金沢一の絶景どこ

1924(大正13)年5月、室生犀星の招きで金沢を訪れた芥川龍之介の心をとらえたのは、卯辰山のふもと宝泉寺からの眺望 だった。

きょう景観の日

金沢の街には、数々の絶景スポットが存在する。仕事柄、大方の場所は把握しているつもりだったが、あの文豪、芥川龍之介が「金沢一の絶景」と褒めた眺望はまだ体験したことがなかった。6月1日は国が定める「景観の日」。久しぶりの青空の下、知る人ぞ知る金沢の絶景ポイントをたずね歩いてみた。(森田 奈々)

「知る人ぞ知る」を探して

芥川の愛 した宝泉寺 感動、180度の眺め

1924(大正13)年5月、室生犀星の招きで金沢を訪れた芥川龍之介の心をとらえたのは、卯辰山のふもと真言宗宝泉寺=同市子来町=からの眺望 だった。

黒瓦がキラキラ

拝殿につながる石段を上がると、突然、視界が開けた。「わー」と思わず声が上がる。家々の黒瓦が太陽に照らされてキラキラと光り、その向こうには浅 野川の流れ、中心部のビル群、4月に完成したばかりの金沢城河北門もくっきり見え、遠くには日本海が広がる。180度のパノラマは、文豪が賞賛したのもう なずける。

辻雅榮住職によると、石段を登ってきた、ほとんどの人が「わー」と声を出すそうだ。眼下の住宅街からは女性や子どもの話し声が聞こえる。辻住職は 「ここは景色だけではなく金沢の生活の風情が感じられる場所です」と話した。(略)

街並みが変ぼう

1968(昭和43)年、全国に先駆けて金沢市は景観に関する条例を設けた。芥川龍之介が金沢を訪れたころと街並みが変わっているだろうけど、歴史 とともに何層にも折り重なる城下町の美しさはこれからも守っていきたい。

(2010,6,1・北國新聞 )

 


オンマリシエイソワカ
オンマリシエイソワカ

>>次のページは、北陸 近代文学の里を行く

関連するページ

知る人ぞ知る金沢の絶景 知る人ぞ知る金沢の絶景 私だけのフォトスポットを見つけたい宝泉寺から 東茶屋街を 見おろせば いらかの波が 漆黒に光る地元っ子にこっそり教わったのは 宝泉寺境内からの眺めでした町ナカを歩くことが多い金沢旅。ときには、ゆっくり景色を楽しむ時間を持ちませんか? たとえ...
北陸 近代文学の里を行く 北陸 近代文学の里を行く 文  秋山 稔 (金沢学院大学文学部教授)  御神木 五本松(金沢宝泉寺)明治から昭和初期にかけて、北陸は特色ある作家を数多く輩出し、また、この地を舞台とした。作品も相次ぎ世に出された。近代文学の里と呼ぶにふさわしい北陸に点在する、作...
松尾芭蕉と柳隠軒 松尾芭蕉と柳隠軒  金沢宝泉寺の柳隠軒蹟に建つ芭蕉句碑浅野川にかかる梅ノ橋からから上手を眺めると、白く美しいアーチを描く天神橋に卯辰山が迫り、春の桜、初夏の新緑は「森の都」と呼ばれた金沢の景観を今も残しています。梅ノ橋には瀧の白糸の碑とヒロインの水芸師白糸の像が...