「泉鏡花」の記事一覧

文豪泉鏡花が、宝泉寺のご神木を題材に小説「五本松」を書いています。あらすじは、次のとおりです。

秋の夜更け、血気盛んな若者三人が天神山に登り、夜中の騒がしさを嫌う魔神のすみか「五本松」前で、放歌高吟して帰る。するとそのたたりか、若者の一人は朝まで騒ぐ修羅の足音で眠れず、手足を血まみれにした仲間の一人が戸をたたく幻を見る…