イノシシの習性に学ぶ

イノシシの習性に学ぶ

泥にまみえる

イノシシの習性として、泥の中にころがり、身体に泥水を塗る癖(これを”ニタ”または”ノタ打つ”という)があります。私たちも、ときにはキレイごとに終始することなく、イノシシのように泥にまみれて幸せをつかみとる努力を惜しんではなりません。

目標にまっしぐら

イノシシは、走り出すと容易に曲がれないところから「猪突猛進」という言葉が生まれました。私たちは、社会において、種々の目標を与えられていますが、その目標に向かって”猪突猛進”を試みることの大切です。

ときには、怒る

イノシシの「怒り毛」というのがあります。イノシシの世にある剛毛は怒り立っています。いつもニコニコ笑顔でいることは大切ですが、感情の動物である人間のことですから、ときには腹が立って、怒りたくなることだってあります。じっと我慢せず、怒るときは思い切り怒れば、ストレス解消にもなるかもしれません。

たまには、暴れん坊将軍

イノシシは凶暴で、ときには人間に危害を加えることもあります。私たちも失敗を恐れず、気迫をもって、他を圧する行動力が必要とされるときがあります。

勇猛果敢

イノシシは勇猛な性質をもっています。牙をむき出し、襲いかかってきます。このイノシシにあやかって、私たちも勇猛果敢にアタックしていくことが肝要です。

オンマリシエイソワカ
オンマリシエイソワカ

>>次のページは、摩利支天

関連するページ

摩利支天のかたち 摩利支天のかたち 摩利支天には、種々の形像がありますが、二臂(ひ=手の数)、六臂、八臂像に大別することができます。二臂像については、『摩利支天経』に、そのお姿が説かれ、持物の天扇は、摩利支天の徳である「隠れる」ということを象徴しています。六臂像と八臂像については、宋代の天息災によっ...
摩利支天山略縁起 摩利支天山 宝泉寺 略縁起 天正十一年(1583)、前田利家公が加賀国金沢城入城の際、城内の越後屋敷の地に摩利支天堂を創建し、摩利支天尊を自らの守護神として奉安し信仰崇拝されました。また利家公は末森の戦や関東の戦では、摩利支天尊を兜の中におさめて出陣せられ、加護を受けられたことはつとに有名です。 ...
護摩、一を以て之を貫く 護摩、一を以て之を貫く おかげさまで護摩一筋、22年。息災護摩供(五段護摩)7500座、正焼八千枚供10度成満。出張日を除いて、ほぼ毎日、本堂(道場)で護摩の修練を続けています。これはひとえに、当山の檀信徒はじめ、みなさんのおかげです。護摩木の調度や堂内の清掃ほか、なにかにつけお力添えをたまわり、...