金沢の「鬼門」を守る

金沢の「鬼門」を守る

探訪 梅鉢寺院群 宝泉寺(金沢市)

金沢の「鬼門」を守る

金沢市子来(こらい)町、高野山真言宗宝泉寺(ほうせんじ)は、城下町金沢の「鬼門(きもん)」を守り続けてきた寺である。

鬼門とは、「鬼が出入りする」という北東の方角を示す。京や江戸の都市計画にも取り入れられてきた考え方である。

辻雅榮(がえい)住職(51)は毎朝、城下町金沢を一望する高台に立ち、町並みに合掌するのを欠かさない。「金沢城に音のさんが住んでいなくても、城下を守るのは使命。拝むのが自分の仕事です」

すぐそばには天狗(てんぐ)がすむと伝わる「五本松(ごほんまつ)」がそびえる。泉鏡花が「魔神の棲家(すみか)」と表現した、おどろおどろしい場所であるが、近年は見晴らしの良さから観光スポットになっている。「特に欧米の方が好きなようで、お守りを求めていく方もいます」と辻住職。

地下にトンネル?

寺の起こりは、1606(慶長11)年にさかのぼる。3代藩主、前田利常(としつね)は、剣術師範であった重臣の富田重政(とだしげまさ)に命じてこの高台に寺を築かせた、一説には、有事に金沢城を支援する砦(とりで)の役割を期待されたといい、地下には兵を送り込むためのトンネルが掘られているという言い伝えもある。

寺の本尊は、摩利支天(まりしてん)。戦いの神様である。加賀藩祖利家は、佐々成政(さっさなりまさ)と加越能の覇権を競った末森城(すえもりじょう)の戦いで、この摩利支天をかぶとに忍ばせて出陣したという。誰にも悟られず、目的を達成するという功徳があるとされる。

現在、摩利支天は秘仏として、内内陣(ないないじん)の奥に安置されている。

被災地を支援

辻住職は「仏には仏にあった場所がある。この寺は崖っぷちにありますが、やってくる人もそれぞれ崖っぷちの悩みを抱えています。本尊の代わりに行者である自分が、できることをする」。東日本大震災の被災地を月一度のペースで訪ねる支援活動を続けているのも、その思いからだ。

(北国新聞 2012年3月24日)

オンマリシエイソワカ
オンマリシエイソワカ

>>次のページは、摩利支天と富田流剣法

関連するページ

焼八千枚護摩供  焼八千枚護摩供 【金沢市・宝泉寺】《 目 次 》炎の中から「仏性」見出す 学芸員から転身 「ただ、ありがたい」 燃えさかる信仰の炎 炎に願託す 炎の中から「仏性」見出す 五色の幕が張られた本堂には、70人近い信徒が詰めかけてい...
摩利支天の功徳 摩利支天の功徳 大般若経の唐櫃に身を隠す大塔宮護良親王元弘の乱後、征夷大将軍として活躍した大塔宮護良親王(後醍醐天皇の皇子)は、やがて足利尊氏と対立し、追われて熊野へ逃げる途中、奈良の般若寺に立ち寄りました。そこへ足利方についた一乗院の好専が、百余騎の軍勢を率いて寺内の探索にきました。 ...
摩利支天のかたち 摩利支天のかたち 摩利支天には、種々の形像がありますが、二臂(ひ=手の数)、六臂、八臂像に大別することができます。二臂像については、『摩利支天経』に、そのお姿が説かれ、持物の天扇は、摩利支天の徳である「隠れる」ということを象徴しています。六臂像と八臂像については、宋代の天息災によっ...