摩利支天のお正月〈年末年始のご案内〉

火天召請と供養壇

磨き上げた護摩壇 金沢寶泉寺

護摩には古代インドのヴェーダ以来、火天が基本であり、いかなる本尊のために護摩を修するにしても、まず火天を炉中に召請し供養します。護摩法の一番大切なところです。

次いで本尊に関係のある他の諸尊や世天(天部)を召請、供養します。護摩法の組み立ては、一段より九段にいたるやり方があり、手法の目的に応じて用います。

諸経軌には次のとおり。

段数召請する諸尊典拠とする経典儀軌など
一段護摩火天のみ『大日経』「世出世護摩法品」
二段護摩火天、本尊『火吽供養儀軌』一
三段護摩火天、本尊、諸尊『尊勝仏頂儀軌』)
四段護摩火天、諸尊〈本尊合供〉、世天、後火天『金剛頂略出経』第四)
五段護摩火天、部主、本尊、諸尊、世天『陀羅尼集経』第十二
六段護摩火天、部母、本尊、滅悪趣、後火天、世天空海『護摩口決』
七段護摩火天、曜宿、部母、本尊、諸尊、滅悪趣、世天空海『護摩次第』
九段護摩火天、宿曜、本尊、諸尊、世天、羅惹、百官、法界有情、自身増蓮『四種護摩要抄』上巻

これらのうち東密では小野(曼荼羅寺)・随心院・醍醐寺)、広沢(大覚寺・仁和寺)を通じて五段護摩を修することになっています。

それも弘法大師空海上人の『息災護摩』による「火天・本尊・諸尊・後火天・世天」の五段護摩です。小野の仁海僧正(951ー1046)が、『陀羅尼集経』第十二により「火天・部主・本尊・諸尊・世天」を修してからは広くこれによっています。これを修したあと、さらに神供壇を別に設けて八方天等を供養します。

後火天段は『蘇悉地経』「護摩法則品」などに、「護摩が終って供物に残余があれば、再びこれを火天に捧げよ」と説かれることによって成立したようです。世天段に先立って、後火天段を修します。

護摩祈祷 宝泉寺

こちらもオススメ

まりちゃん

護摩供という修法は、アタマでわかっていても、カラダが自由に動かないと護摩供にはなりません。毎日、練習をしないとカラダは動きません。行者の後ろ姿を見れば、カラダができているのかそうではないか、一発で見抜かけますね。

オンマリシエイソワカ