毎月1日は、摩利支天のご縁日。午前11時から護摩と法話があります。

泉鏡花と五本松

泉鏡花

泉鏡花

金沢が生んだ文豪、泉鏡花の作品に宝泉寺のご神木「五本松」が登場します。

秋の夜更け、血気盛んな若者三人が天神山に登り、夜中の騒がしさを嫌う魔神のすみか「五本松」前で、放歌高吟して帰る。するとそのたたりか、若者の一人は朝まで騒ぐ修羅の足音で眠れず、手足を血まみれにした仲間の一人が戸をたたく幻を見る…オドロオドロシイ怪奇談。泉鏡花「五本松」。ご一読ください!

がえいさん

泉鏡花の作品に書かれた「五本松」泉鏡花の作品
「魔所の名高き五本松、宇宙に朦朧と姿を顕じて(あらわして)梢に叫ぶ天狗風、川の流れと相應じて、音無き夜に物寂し」。

(「聾の一心」)
「聾の一心」。明治28年1月『春夏秋冬』に発表。
彫金師の父、清次(号政光)の死を扱ったもの。
「五本松」あらすじ

秋の夜更け、血気盛んな若者三人が天神山に登り、夜中の騒がしさを嫌う魔神のすみか「五本松」前で、放歌高吟して帰る。するとそのたたりか、若者の一人は朝まで騒ぐ修羅の足音で眠れず、手足を血まみれにした仲間の一人が戸をたたく幻を見る。その下宿へ駆けつけてみると、案の定、両手は黒ずんだ赤色にまみれており、二人は顔を見合わせる。窓を開けば、五本松の梢が向こうの物干しの陰からほっかりと見えるが、それを見るにつけ、何かはばかるところがあってその二三日は垂れこめていた。それだけで無事であった。

(「五本松」)
「五本松」。明治31年発表。 『鏡花全集』全29巻のうち巻4・岩波書店。または『鏡花全集』全15巻のうち巻3・春陽堂に収載されえている。
「背後の丘に名も高き、天狗ばやしと思ふあたりに、物凄まじき響があると、火縄は柱から障子を伝ひ、壁を擦って、きりきりと矢の如く、又た蜘蛛の巣を投げるやう、目ばたきをするより疾く、室の周囲をぐるぐるぐる」。

(「斧の舞」)
「斧の舞」。明治34年1月『明星』に発表。大工の棟梁である甚蔵が、五本松の近くに建てた長者の別荘に、魔物が現れて別荘をゆさぶるので、退治してほしいと頼まれ、斧をふるって撃退するというもの。その光景が鮮烈に描かれている。
「五本の枝はづれに、城下の町は、川も、橋も、城も、森も、天守の櫓も、處々に薄霞した一枚の繪雙六の風情である」。

(「町雙六」)
「町雙六」。大正6年発表。泉鏡花が久しぶりに東京から帰省し、従兄妹とともに子来坂から、卯辰山の頂上近くにある両親の墓参にいった事を書いたもの。五本松からの眺望の風情が書かれている。
MEMO
【泉鏡花について】

泉鏡花は1873年、金沢市に生まれました。幼少期を金沢で過ごした鏡花は終生、故郷と母とを哀惜し、折に触れて作品に登場します。しかし、母は出産後の産褥熱のため鏡花が10歳のとき死亡。鏡花は強い衝撃を受けます。16歳の時、友人宅で読んだ尾崎紅葉の「二人比丘尼 色懺悔」を読んで感激し文学を志すようになり、18歳のとき、東京の牛込の紅葉宅を訪ね入門を志願します。こうして、鏡花は紅葉宅での書生生活を始めます。紅葉の薫陶を受けながら鏡花は次第に実力をつけていきます。中でも、1900年に発表した「高野聖」のすぐれた幻想性は目を見張るものがあります。この他にも、「照葉狂言」、「婦系図」、「歌行燈」などの傑作を世に送り出しました。 江戸文芸の影響を深く受けた怪奇趣味と幻想性は、現代でも高く評価されています。特に幽玄華麗な独特の文体と巧緻を尽くした作風は、川端康成、石川淳、三島由紀夫らに影響を与えました。「五本松」は、明治31年12月号『太陽』巻第6巻第2号に初めて収録されました。

オンマリシエイソワカ