毎月1日は、摩利支天のご縁日。午前11時から護摩と法話があります。

サンマル豪雪

2018年2月6日宝泉寺

17年ぶりの大雪 金沢宝泉寺

2月5日、大阪出張。

当日、降雪のため、JR金沢駅から大阪駅へ向かう列車(JR特急サンダーバード)に1時間40分の遅れがありましたが、なんとか大阪に行くことができました。

しかし、翌朝、金沢行きの特急サンダーバードが運休。しかたなく、新大阪から新幹線で東京を経由して、なんとか金沢に帰ってきました。

金沢駅に着いたら、数少ないタクシーを待つ長蛇の列。あっさり、タクシーをあきらめ、雪の中を自坊まで徒歩で帰ることにしました。約1時間かけ、融雪装置の水があふれる車道(降雪で歩道が通れないため)を歩いて、やっとの思いで、東山一丁目まで帰ってきました。着ていた作務衣が、雪と融雪装置の水でぐっしょり濡れていることに気づきました。ころばないように、必死で歩いてきたので、それどころではなかったようです。

2018年2月6日、雪の子来坂

2018年2月6日、雪の子来坂

さて、ここからです。

まるで、スキー場のゲレンデのような「子来坂」が待ちかまえています。ここを上らないと、自坊にはたどり着けません。坂の斜度は、30度。金沢市内で、自動車が通られる「最も斜度がキツイ坂道」としても有名です。その坂に、およそ90センチの雪が積もっています。

がんばって、雪をかきわけ、かきわけ、坂を上りきって、ようやく自坊にたどりつきました。大阪駅を出て、なんと6時間半も経過していました。無事に帰ってこられて、よかったです。それにしても、日本の新幹線は偉大です。これぐらいの雪には負けません。ほんとうにスゴイですね。

それはそれとして、大雪の日の参拝は、ご注意ください。宝泉寺へは子来坂からも、卯辰山公園線からも、自動車では入って来られません。こんな程度の雪なら、だいじょうぶだろう… と、安易な気持ちでクルマでやって来ると、たいへんな目に遭います。まちがいなく、雪にタイヤをとられ、身動きできなくなってしまいます。

とはいえ、境内には、この季節ならではの美しさがあります。雪に包まれた当山は、静寂そのもの、まさに「銀世界の浄土」です。こんな雪の中でも、ツボミをつける薮ツバキや、雪に埋もれながら咲くスイセンの星のような花を見つけると、ふと、涙がこぼれます。

大雪の日の参拝は、くれぐれもご注意ください。万が一、雪にはまったら、宝泉寺までお電話ください。スコップを持って、救援にかけつけます。076-252-3319

がえいさん

ところで、自分のクルマはどうなってるのかといえば、、

すっぽり、雪に包まれています。

日増しに、雪が降り積もり、とんでもないことになってきました。

がんばって、雪をどかしたら、出てきました!

がえいさん

スコップ一つで、クルマを掘り出していたら、茶寮うたつ金沢の板前さんが、除雪機でクルマの前の雪の壁を取り除いてくれました。おかげさまで、なんとか走れそうです。(2月7日)
雪の金沢2018

境内から眺める銀世界 KANAZAWA 2018

2月8日、雪が降りやんだので、屋根の雪下ろしを始めました。

本堂脇部屋の屋根には、1メートルを越える雪が降り積もって、地面に積もった雪と屋根から垂れ下がった雪がつながって、白く大きな壁面になってしまいました。この雪の重みで、サッシの窓ガラスが割れてしまいました。

こんなことは初めての経験です。この白く大きな壁を雪を切り崩す作業に追われています。棒の先に鋤(すき)のような金具がついたものを使って、雪を切っています。

連日の雪かきで、腕の痛みを通り越して、手が上がらなくなってきました。

この本堂脇部屋の屋根の上には、本堂から落ちた雪が全部落ちて、その上に雪が降り積もり、庭の雪とつながって「天然のかまくら」状態。家屋が雪の重みに耐えきれず、倒壊しないことを祈るばかりです。

 

10日、Hさんが助けに来てくれました!

金沢豪雪

二人で力を合わせて、本堂脇部屋のや根雪の一部を下ろしました。

金沢豪雪

軒が雪の重みで折れてしまいました。

サッシの窓が割れたり、水道管破裂したり、軒がつぶれたり..   今年の雪は、なかなか手強いです。おまけに、午後から雨が降って、雪が水分を吸って、ますます重くなってきました。

昭和38年の「38(さんぱち)豪雪」に倣って、今年の金沢の大雪は、「30(サンマル)豪雪」と称され、後世まで語り継がれるかもしれませんね。

 2月11日、町内会一斉雪かき

昨日の雨で、雪のかさが減ったとはいえ、まだまだ積もっています。今日は「町内会一斉雪かきデー」とゆうことで、午前9時から午後2時まで除雪作業にあたりました。

子来町一斉雪かき

子来町一斉雪かき

子来町一斉雪かき

子来町一斉雪かき

子来坂の階段が出ていました。これは歩きやすい!

子来町一斉雪かき

子来町一斉雪かき

子来町一斉雪かき

子来町一斉雪かき

雪かきマシーン登場! さすが、これはスゴイ! Mさんの見事な操縦で作業が進みました。

雪との格闘に明け暮れた一週間。冬の暖房に欠かせない灯油の運搬や、救急車が通れるだけの道幅の確保がなんとか確保できました。みなさま、おつかれさまでした。

2月12日、S君とK君が雪かきに来てくれました。

宝泉寺境内の雪かき

宝泉寺境内の雪かき

自坊の除雪が後まわしになったので、雪が固まって、雨を吸い込んで、固くて、重くて、、たいへんです。

宝泉寺境内の雪かき

宝泉寺境内の雪かき

宝泉寺境内の雪かき

宝泉寺境内の雪かき

これで、ようやく子来坂から宝泉寺を経て、東山蓮如堂へと続く境内全域の雪かきが完了しました。

「雪かき三昧」の一週間でした。みなさん、たいへんお世話になりました!

ありがとうございました。

2月13日、また雪が…

宝泉寺境内の積雪

ふんわり、積雪。まだまだ積もりそう.. 

やっとのことで、雪かきが終わった! と、思ったら、また雪。今日も、がんばろうー

MEMO
わずか1500坪の境内ですが、非力な私一人では、ぜんぶ雪かきできません。雪かきのお手伝いをしてくださるお方がいらっしゃいましたら、助けてください。よろしくお願いいたします。

金沢市子来町57
宝 泉 寺
076−252−3319

オンマリシエイソワカ