毎月1日は、摩利支天のご縁日。午前11時から護摩と法話があります。

護摩木をつくる作業小屋

宝泉寺作業小屋の塗装

宝泉寺作業小屋の塗装

よし、作業小屋をつくるぞ!

ということで、今年は4月末から、「護摩木をつくる作業小屋」をつくり始めました。このページは、完成するまで随時更新していきます。

これまでどうしていたのか、といえば…

2016年5月まで、テント竹とブルーシートのテント小屋でやってました。シンプルで機能的な作業場といえば、それまでですが..護摩木づくり

 

10年くらい前から、護摩木をこしらえる作業場をつくる予定で、小屋の基礎となる場所にコンクリートを打ってありました。

ならば、そのコンクリートを有効利用して小屋を増築しよう! で、いきなり作業開始。

 

 1,基礎 2017年4月29日

護摩木をつくる作業場

まず、コンクリートの土間にステンレス製のアンカーを打って、2X4の木材で骨組み。この後、筋交いを入れたり、補強をして、下見板を張る予定、というから、スゴイです!護摩木を作り出すと、丸鋸のおがくずが舞い飛ぶので、扉はなし。さて、屋根はどうするのかな。

2,棟上げ? 4月29日

護摩木をつくる作業場

ここまでは、Hさん一人の作業。本職は電気屋さんですが、なんでもこなす器用なお方です。

3,壁 4月30日

護摩木をつくる作業場

壁ができて、少し強度が増しました。防腐剤の緑色の薬品を塗ったり、屋根におく波板の寸法に合わせて天上に木材を足したりして、なんだか少しずつ形が整ってきました。今日の昼からKさんも手伝いに来てくれました。おかげさまで、ありがとうございます。

4,屋根(波板) 5月1日

護摩木をつくる作業場

Hさん、今朝も早くからありがとうございます。昼からMさんとMさんも手伝いに来て下さいました。おかげさまで、りっぱな屋根ができました。だんだんカタチになってきました。風通しは最高!オガクズ対策もバッチリです。とりあえず、工事はここで中断。ひとまず、Hさんと今年のゴールデンウィークの護摩木づくりのダンドリをして、作業中断。来る5月3日から、ここで、いよいよ「護摩木づくり」が始まります。

5,サッシ・防水防湿シート 5月7日

作業小屋 金沢宝泉寺

昨年、Nさんからちょうだいしたサッシを入れて、防水・防湿シートを貼りました。とりあえず、雨風の進入が防げそうです。作業小屋の入り口は開けっぱなしですが..

6,下見板 5月9日

作業小屋 金沢宝泉寺

雨が降る前に、下見板の作業が終われば楽なんですが、さてどうでしょう。

7,ほぼ完成.. 5月24日

護摩木作業小屋

Nさんからいただいたサッシを入れてみました。とてもリッパな二重サッシで、ゴージャスです。このあと下見板を塗装すれば、いよいよ完成です。

ここまでお仕事の合間をみて、手弁当で建ててくださったHさんに感謝です。ブルーシートのテント小屋からすれば、格段の進歩です。これで、雨の日も作業がはかどるかな。雪が吹き込む冬期は、大きく空いた入り口をふさぐ工夫がいりますね。それはまた、おいおいと、、

8,塗装完了 9月30日

Iさんが下見板を塗装してくださいました。キラデコールの二層塗りです。おかげさまで、風雪に耐えられる、立派な作業小屋が完成しました!

宝泉寺作業小屋の塗装

たかが小屋。されど小屋。日々の護摩修行には、護摩木がなくてはなりません。

これで、「護摩木をつくる作業場」と、完成した護摩木を収納する「護摩木小屋」ができあがりました。いずれも、当山のお信者さんの手づくりです。心のこもった浄行に頭が下がります。

みなさまのおかげで、毎日、護摩修行させてもらっています。ありがとうございます。

がえいさん

お手伝いしていただいた皆様、本当にありがとうございました。この場を借りまして、心より御礼と感謝の言葉を申し上げます。ありがとうございました。
参考

護摩木の製作〈5月3日・4日・5日〉金沢 摩利支天

参考

護摩木の洗浄と天日干し金沢 摩利支天

参考

護摩木の洗浄と天日干し、その2金沢 摩利支天

参考

端材から護摩木をつくる金沢 摩利支天

MEMO
護摩修行に欠かせない護摩木づくりを定期的に行っています。
お手伝いくださるお方は、下記までお問い合わせください。

〒920−0836 金沢市子来町57
電話:076−252−3319
宝 泉 寺 〈通称「五本松」〉

オンマリシエイソワカ